2008年2月21日木曜日

Japan vs China


うへっ!

〈反則ダイジェスト...〉


サッカー東アジア選手権

日本1−0中国

感情を剥き出しにせずにはおられん
ある意味、予想通りの試合

国の威信をかけて戦う代表が
あんなんでええのん?
ちゅうぐらいのえげつないプレーの連続でした

そもそも
なんで北朝鮮の人が笛吹くの?
国際大会でしょうに...

試合終了後のNakazawaの
「おりゃっ!勝ったでぇ」ちゃな表情で
味方選手とタッチする姿が
見ていて気持よかった

しかし、まぁ
なんちゅうか、
わけのわからん大会です

4 件のコメント:

  1. コメントは控えさせていただきます。
    でも、ちょっとだけ。

    日本軍は本当に
    「おせ」
    になりましたね~

    すごいです。

    返信削除
  2. ふきごぼう2008年2月22日 9:02

    剣道君さんへ
     いやほんとに、選手たちには「よくガマンした」ちゅうのもあるんですが「良く戦った」と拍手をおくりたいです。
     韓国戦もスッキリ勝って重慶の地で優勝を飾ってほしいものです。
     女子はまだ中国戦が残っているんですよね、こちらもちょっと気になってきました。

    返信削除
  3. 僕のやってたバイクの競技でも、世界レベルになると当然のように「中東の笛」が有ります。ただし、日本人の気質でしょうか、自国開催の場合判定は皆平等です。
    当事者の若い日本人ライダーは、「笛を吹かせる自分に隙が有る、笛を吹く暇も無い良いライディングを見せろ!」です。
    まさにサムライです。
    そして彼は、日本人初の世界チャンピオンを獲得しました。
    スポーツだろうが、なかろうが「心技体」ですね。

    返信削除
  4. ふきごぼう2008年2月22日 9:38

    フジカスさんへ
     なるほど、笛の音で「腐るか」
     それをバネにしてさらにステップアップするかが分かれ道なんですね。

     わたしなんぞ、座右の銘が
     「たなからぼたもち」
     「ぬれ手にアワ」
     ですからね...救いようがないです
     もうちょっとガンバッテみます
     (何を?って聞かないで)

    返信削除