2007年7月31日火曜日

たからじま



アジ釣り名人の
空へ

7歳の誕生日おめでとう



父からの誕生日プレゼントです

"たからじま"難易度高いです】


遠回りしながらでいいですから

自分の宝島を

あきらめずに

のんびりと

ほどほどにがんばって

見つけてください

(父より)

2007年7月30日月曜日

いつもの出番とはじめての出番


「Tada bicky 80S」L80mm,12g,price=600yen

このところサーフのシーバス
ほとんどこれでキャッチ

リップが無いので向かい風でもよく飛ぶ
流れの強い所では身を任せるように漂わせ
緩やかな所では小刻みにダートさせながら
高速リトリーブ
流れを受けるとルアーが浮くので
シャローでも根掛かりを恐れることなく使えます
小市民ルアーの東の横綱に昇格です

ひさびさの2m以上の波でサラシの広がる河口
海の状況はこちらのブログで確認できます
川の流れ込みと波がぶつかり合い
波の高さも抑えられる
ヱヱ感じのポイントkurokawa河口

ここでシンペンの出番
流れに逆らうのではなく
ゆだねるようにリトリーブ
セイゴサイズが「ドンッ、ドンッ」
見事なテールウォークを見せる

2バイト1キャッチ1バラシ
うん、うん
妙に納得して早々と終了


20年以上の長い間
使うのがもったいないので
机の引き出しにしまっておいた
フォールディングナイフ


死ぬまでには使ってやらんと
かわいそうなので
今日から我が身の一部として
海に山に川に
へと
ようやく出番がやってきました

さっそく海でセイゴを捌いて
三枚におろしてサクにして



うん、ヱヱ仕事します
適度な重量感で手にしっくりときます

男の道具はこうでなくっちゃ!
さすが本物!

帰ってから
味噌焼きにして
食べよう!

2007年7月28日土曜日

アジ時々ヒラメ時々アジ

薄暗い中
アジのナブラを期待して
KUROKAWA河口へ
ひさびさの早朝徘徊である

静かな海にメタルジグの着水音がかすかに聞こえる
まだ暗すぎる
ナブラは立たないだろう
メタルジグからラパラCD9に交換
相変わらず飛距離の出ないルアー
せいぜい25mくらいだろうか
ただヒラメを狙うには十分な距離である

時々フォールさせて
ゆっくりリトリーブ

「ガツっ」と食い上げてきました


食べ頃サイズの36cm

明るくなってきたところで
ふと目を東にやると
小さなナブラがチラホラ

すぐさまメタルジグに交換
ナブラめがけてキャスト〜〜
即ヒット
即バラシ
...
...
20cmの小アジを2本あげたところで
海は静けさを戻す

あいかわらず
気ぜわしい鯵たちではある
なにをそんなに急がねばならぬのやら...

なんとなく夕方は期待がもてそうだが
サイズがどうだろう?

朝討ち、夜駆け?


朝はピンギス狙いのかた
ちらほら
穴場といえば穴場か
ヱヱサイズのキスがあがっておりました

2007年7月27日金曜日

はずかしがり屋



マオ、無事退院しました
家族の歓迎にはずかしさのあまり
この状態です

抗生物質の注射3本
打たれたみたいです

よかった

よかった

帰ってから
マグロを食べさせてもらったようで
よかった
よかった

わしもマグロ食べたいな
キャットフード
店で見たことありますが
酒のつまみの
オンパレードですね

裏山鹿!

2007年7月25日水曜日

食べさせてあげるよ

バクチのようなサーフでのアジゲーム
しゃくりの毎日に手首が痛い

サイズ抜きにして
釣味を楽しむという点では
堤防などで
ライトタックルで獲るのも
ゲーム性も高く
面白いかもしれない

肝心のアジはというと
なかなかに渋くポツリポツリ
途中
"ガツガツっ"というアタリに
はて?

沈めると根掛かりがこわいKUROKAWA
気持ち底を意識して
メタルジグをフォール&リフト
...
...

正体見たり
あれだらぁ〜
そげだがなぁ〜〜




『うまそう!』とマオ

昨夜目を離したすきに
庭で遊んでいて
「ぎゃ〜〜〜」という悲鳴
あわててかけつけるが時既に遅し
2匹の野良猫に噛まれ
ショック状態ですくんでいる
腰のあたりを噛まれたのか
歩くのがやっと

一晩一緒に寝てやるが
痛みで寝られない様子

病院でみてもらうと
体温40℃
腹部に腫れ

様子見ということで
現在入院中

必ず元気になって
帰ってこいよ
エンガワ残しておくけな

2007年7月23日月曜日

お見舞い申し上げます

バトー改さん
ゆっくり休んで
しっかり元気に
なってください

鰺の面倒はワシとフジやんに
まかせておいてください

...
...

今日は
フジカスさんの指導のもと
メタルジグでまともに
魚を釣ることができるように
なりました

こころよりお礼
申し上げます

つきましては
メタルジグもこのように
大変喜んでおります


今日のアジゲーム
『かっぱえびせん』のような釣り
とでもいいましょうか

やめられない
とまらない
やめられない
とまらない
...
...
...
...

2007年7月22日日曜日

竜宮城伝説 〜思い出の渚編〜

午前中、田んぼの草刈りにがんばった
毎夜のように魚釣りに出かけている罪滅ぼしに
午後からはか〜ちゃんと息子と娘で海へ
海へ?ってもしかして...
そう
そうなのだ

キス釣りだぁ〜〜

カニ釣り遊びだぁ〜〜


【娘の描いた絵日記から無断借用】

えっ!ぜんぜん罪滅ぼしになってないって?
いえいえ

 「カニが釣れた〜〜バケツとってぇ〜〜」

 「キスの仕掛け投げてぇ〜〜〜」


 「と〜さん、今度僕が投げる〜〜」


 「釣れた〜〜早く早く、取って〜〜」


 「今度は私に釣らせて〜〜」


おと〜さんは右往左往しながら
町内で一番忙しいガイドになっている
おと〜さんがあと2人欲しいよ〜

娘や息子がキスの仕掛けを巻くわずかの間を縫うように
重めのジグヘッドで
なんでもこいやのワーム作戦開始〜〜〜
あっそうそう
か〜ちゃんはテトラについた
シタダニを一生懸命獲ってます

昨年の夏もここで息子とカニ釣り遊びにきて
遊びで投げたワームにセイゴがHIT!
昨年最大のサプライズとなったポイント
これが発端となって後々の初チヌ〜シーバスへと繋がっている
『思い出の渚』なのだ

そんでもって

今年のサプライズは"これだ"


まさかこんな日中にデカ鯵が釣れると思ってないので
 「かあさん、バケツ!バケツ〜〜〜」
大暴れのデカアジを無事キャッチ
 「今度は僕に釣らせて〜〜」
 「わたしも〜」

キス竿はおいてけぼり...

1年生の息子も、か〜ちゃんも
娘も怖がりながらもロッドを満月にして
尺近いアジ!アジ!アジ!
息子の釣ったアジが一番の大物
この日から彼の呼び名は
『キス名人』から『アジ名人』になったことはいうまでもない

 興奮さめやらない一年生の息子も

 「最初、石にひっかかったかと思ったよ!」



 「全然(リールが)巻けんかったもん」



 「竿が、ガァ〜〜〜となって」


 「・・・!」


夕方近くになり海遊び(アジ釣り)も終了して帰宅

...

...

欲求不満をかかえたワシは
有無を言わさず子どもと荷物をおろして再び海へ
ガイドから釣り師へ変し〜〜ん

おりゃ〜〜
と鬱憤を晴らすべく
 きゃすと〜〜〜
 ひっと〜〜〜

隣のサビキ師にまったく反応ないなか
 きゃすと〜〜〜
 ひっと〜〜〜

隣で寂しそうに豆あじを釣っては捨てていたおじさん
ヒラメがかかったみたいでロッドが曲がってる
 「こっちに寄せなれ、タモで掬ったげるけ〜」と誘導
 「おっしゃ〜」30ちょいのヒラメゲット
 おじさん大喜び!
 「鯵よりこのほうがええで〜」
 ワシも余裕で会話が弾む

あ〜〜〜
こんなに簡単に尺鯵を釣ってしまった
しかも日中に
そして真鯛まで...
 来年の新たなゲームの予感が...

まさに鯛やヒラメが舞い踊る

ここにも新たな竜宮城がやってきた

2007年7月20日金曜日

in the rainy night

アジングの最大の難しさは


...フックの大きさ?


...ウェイトの選択?


...リグの種類?


...ラインの種類?


...ロッドの感度?


...ルアーの種類?


...ポイントの選択?


いや...




何時、"おひらき"にするかだ!



(業務連絡)
バトー改さん、ごめんね!
雨だったのとフィーバー(古!死語?)してそうだったから
声かけませんでした(携帯不携帯もあり)
土曜日はかんがる〜戦があるので?です

一週間前



社内定期健診一週間前

 血圧の上がるような
 おね〜さん来ないし...


年齢48か...
 自分が子どもの時
 48っていったら
 ジジイにしか映らんかったな

わし、ジジイか

どうしよう?

って何が?...だよな


え〜〜と
 ビールはほどほどにして
 食事は腹八分目
 甘い物も控えて
 
 健全な一週間を送らなくては
 たたけば「要注意」の出るからだ
 なんとかこのときだけでも...
 って意味ないけど、気は心って言うし

ん?、そういや

 夜更かしもいけんがな!
 で、でも
 ア...アジ釣り行きたいがな

 

2007年7月18日水曜日

引き出し



面白い!

小物釣りであるが
かけるまでの
この緊張感がたまらん

波の音...

風の音...

闇の音...




アジとメバルの混在である

アジポイント開拓3ヶ所目
いきなり4連続で取り込み中の口切れ
クゥーーーー
アワセのタイミングが合わず
上あごに掛かってない証拠

リグのバランスの悪さが
アワセのタイミングのズレになっているような

フォール後の着底付近であたりが集中している

ガン玉の重さを変えたり
JHとガン玉の距離を変えたり
リグを変えたり

この場所での今日のパターンを模索
(潮止まり時の魚は底にべったり?)
模索しすぎで
何がなにやら
わからなくなるほどだ

「これだ!」と新しい引き出しを見つけては
古いひきだしが
もう一方からガタンと落ちていく
私のひきだしは
いっこうに増えていかない


デカイのを上にもってきて見栄張って...
これで鯵のサイズがもう少し揃えば文句ないのだが

(しょ〜もない写真で申し訳ありません、鯵は現場で撮れないもんで...)

竜宮城伝説

いくらなんでも毎日はなぁ〜
ありえんよなぁ〜

 昨夕の爆再来を期待しつつも
 コケたときのために
 前もって自分に言い聞かせる

別の河口からおそるおそるルアーを投げる

 まぁ、ここはダメもと
 あとで竜宮城が待ってるから...


KASEICHIの河口


今年はえらく相性がいいみたい...


ダツはもぉ、え〜ダッツうの!
...

ちゃなことでKASEICHIを後にして
昨夕の竜宮城へ...

先着のフジカス氏、後続のバトー改氏とともに

夕日をバックに


キャストを繰り返し


顔を見合わせてはお互いに首をひねる


哀愁が漂いはじめる


みな、思いはひとつ...

竜宮城はどこ行った?

...
...
...


とぅびーこんてぃにゅー)

 

竜宮城がやってきた

昨夕マヅメ、KATSUTAサーフに立つ
しばらくしてバトー改氏現る
またしばらくしてフジカス氏現る
二人が来る前にバタバタとハネを2本

そのあと入れ替わりに
フジカス氏、バトー改氏ともども
鯛と鱸が舞い踊る

どうやら竜宮城が近くに移ってきたらしい

3人そろって満面の笑み






ようやく自分が疫病神で無かったことが実証された
ホッと安堵のため息が漏れる
短い時間だったが楽しかった

楽しさを共有することを"楽しむ"
そういう遊びをしていきたいものです!



...
...

今朝、オヤジと意見の食い違いがあり
大きな声で怒鳴り合う
(恥ずかしながらこの歳で親子ゲンカ?)

朝飯食べる気にもならず
早朝出勤で気をまぎらわす...
まったくもって気分の悪い朝となった

鬱憤を晴らすべく今夕も釣りに行こう

そう、そうしよう

このまま家に帰ると身体に良くない

うん、そうしよう


 

2007年7月17日火曜日

ASIACUP2007(SurfingUAE♪)

ここ数日は釣りより応援!
サポーターも1匹?増えたし
よかたよかた...
がんばれニッポン

(対UAE戦)
video

よし、次はかんがる〜戦だ!

2007年7月11日水曜日

黒鯛の塩釜

今日は仕事帰りにスーパーで塩、卵、ネギ、大葉を調達して帰る
まずは15cm~20cmの鰺を三枚におろして

【鰺のなめろう】


その「なめろう」に小麦をまぶして大葉をのせてフライパンで焼く
【さんが焼き】


【鰺の骨せんべい】



初めて作る料理は期待と不安が交錯するもの
レシピを見ながら作っている段階で
「おぉ〜〜旨そう」と期待が膨らみ
「ん〜〜〜これはどうかな?」と不安にかられ

さてさて今夜のメインは初挑戦の「黒鯛の塩釜」
チヌを大葉と酒で戻した昆布ではさみ
卵白でこねた塩で丁寧に包む

オーブンで50分ほど焼き上げて完成


中はどんなでしょう?

ガンっと割って、いよいよです

箸でつまむと身がフワフワでジューシー

一口お先に...

いやはや

これはその
...





...

...

...


う、うまぁい!

想像以上ですよ

頭から尾っぽまで、骨以外は....


『さんが焼き』は期待したほどのことはなく残念だった
しかし『塩釜』は期待を遙かに超えた!
 

2007年7月10日火曜日

リアルデスクトップ


【仕事場のデスク

今夜は釣りにも行けず
こんな感じで仕事してます

いや、ブログ書いてるか...

(帰るには、あと2,3時間かな...)

マウスより重いもの
持ったことがありません


 

2007年7月8日日曜日

アジング&チヌ用ワーム、プロト完成

今日は一日中草刈りでヘトヘト
まだ明るいうちから子どもと風呂へ入って汗を流す
ビールをキュッっといきたいところだが
がまんがまん

Y2にて夜の部開始である
現場は波っ気ややありのシーバスパターン
楽勝かと思いきやこれがなかなか
フェイクベイツ、ワームともに反応無し

それではアジング開始
ところがこれも異常なくらい反応がない
小一時間たってノーバイト
(後で調べたら(上)潮止まりの時間帯)

リグをスプリットリグから「めばる弾丸1.0g」の直結に変更
極秘ワームをセットしてキャストしたとん
あたりがポツポツ出始める
リグよりもワームの効果が大かも
手のひらサイズのアジがテンポよくあがってくるようになりました
ようやくエンジンがかかってくる
とここで...

「ゴゴッ」「キュイーーーン」
ありゃ、こりゃチヌだ!

ラインはフロロの2.5lb
ドラグはゆるゆるなので鳴りっぱなし
引きからしてメイタクラスだが、時折見せる強烈な突っ込みには正直冷や汗が出る
「メバル弾丸」の細軸フックを伸されないように慎重にやりとりして無事ランディング

33cm、う〜〜ん鯛飯サイズ!


この極秘に入手したワーム
まだ未公開のものなんですが

ワームの常識を打ち破る四角形の棒状
ワームの長さは1インチから4インチまでラインナップ
ボディサイドに等間隔に配置された突起が微妙な波動を起こし
スレた魚に強烈にアピール
フォールで良し、スイミングで良し
一気にバイトに持ち込みます
「いやぁ〜こんなワームが欲しかったんですよ〜(47歳男)」
「キモくさ〜〜〜い(18歳女)」
「家計にやさしいからウチの旦那にもすすめたいです(38歳主婦)」

まだテスト段階なのですが
以前の釣行では「アコウ」「メバル」と実績を積んでいます
そして今回、アジにもチヌにも効果があることを実証
なんとあのガルプのサンドワームを凌駕してしまうほどの実力

このあともナイスサイズのチヌをバラシ
しかしそのあとすぐ40cmをGET!
同じタックルでアジを狙ったりチヌを狙ったり
(ワームを通すコースとタナで釣り分け)

(ワームにはモザイク処理がしてあります)

3時間にわたる釣行でしたが結果はご覧のとおり


このほとんどがこのワーム1本での釣果です
(一部アジはマゴバチでの釣果も含まれております)

メーカー様より特別に許可をいただいて
このブログにだけは世界に先駆けて公開致します


イボスクエア型ワームの登場


じゃじゃ〜〜ん!名付けて


「スモッピー」

...

...

...


その名のとおり
小市民(スモールピープル)御用達ワームの完成です





【装着例】


捨てたらあかんぜよ!



【注意】 
今回の釣果はあくまでも大事に取っておいた枝部分のみでおこなっております。
このイボイボに固定されていた本物のベビーサーディンは
と〜の昔に無くなっているので検証はしておりません。
んなわけでございますので
汁ワームで釣れんがな、ボケ!
というようなコメントはお控えくださいますようお願い致します。




2007年7月6日金曜日

今年2回目



tenjingawa-kako

ダツ警報発令中!

今回は口にフッキング

上達しました

ぼ〜ずのがれに是非1本!


 

2007年7月5日木曜日

時と海を共有、そしてランカーへ

夕方のほんの1時間ほどでしたが
フジカス氏とバトー改氏と釣りができた
ひさしぶりだった
みんなで投げるのも、ここのポイントも
思えばこのポイントが彼らとの出会いの場でもある



河口に身をおいてライトタックルで挑むフジやん
カッコええじゃん!!
この後フグをスレで掛けたのは内緒にしときます...
(わたしが帰ってからドラマがあったようですね!)

わたしといえば
こんなカワイイ奴が河口の中央でヒット!

どんなもんじゃい!


今年最高のランカーGET!!

ちなみにルアーはフェイクベイツ(5cm)ですので誤解のないようおねがいします
このあと、まあまあくらいのセイゴを即バラシ
でもまぁええわ、楽しかったけ

3人で少し話をした後、わたしは「救急救命講習会」が小学校であるので後ろ髪を引かれる思いで帰路につく


さてさて2時間ほどの講習を終え
しっかり「人工呼吸」と「心臓マッサージ」をマスターしたので
海で溺れたときには、わたしがブチュ〜とやって蘇生させてあげるけんな!

晩飯を食べてこのまま寝るわけもなく
子どもを風呂にいれて速攻で鯵探索にY2へ
今夜はフロロの2.5lbのテストも兼ねています

現場は波も少〜〜しあってシーバスの臭いが...
タックルをシーバス用のライトタックル(0.8号PE&Reader10lb)に変えて
フェイクベイツをキャスト〜〜〜〜
〜〜〜で
「ゴゴッ、ゴゴン!」
ほらきたぁ〜〜〜〜
緩めのドラグが鳴りっぱなし
ちょいとドラグを締めて応戦に
寄ったと思ったら
ジィ〜〜〜〜〜の連続
あぁ〜〜この音は快感!
まだ余力があるのか
ラインはいとも簡単に引っ張り出される
ドラグをまた少し締める

奴はどこだ!

片手でロッドを支えきれなくなり両手でパッドに手をあてる
(こんなことならビリーやっときゃよかった)
ようやく浮いてきた魚を目視

でかいぞ〜〜

魚体を見た瞬間
やりとりがいくぶん慎重になるのは"小市民の証"

水面から口がようやく出た
観念してくれ

ゆっくりと足下へ寄せてキャッチ

ん〜〜〜んここでこのサイズは初めて
というか
今年にはいって初めての70UP

メジャーをおもむろにあてると
80?ん、ランカー?


いやいや口閉じたら1cm足らん
79cm、惜しい〜〜



このあとアジゲーをしばらくやってみるものの
渋い!
15〜22cmが3匹&1匹ぽちゃんで終了
それでもフッキングがすべて上顎にかかっていて上々!
フロロライン、まずまずの出だしです

 

2007年7月3日火曜日

ほら、やっぱりおった



雨で増水
濁りが少し収まった頃
加勢蛇川河口
潮の流れは右から左
サーファーの姿は今日は無し

小さめのシンペンに交換
ロッドを小刻み動かしてダートさせながら
巻巻で「ゴツン!」
55cm
一度もジャンプしなかったんでチヌかと思うた...



人目があったので
ここはカッコ良く
サクッと釣って
サクッと終了
正味30分

お〜〜〜〜
プロみたい...(自己陶酔)
一回やってみたかったのね、こういうのん

 

2007年7月2日月曜日

海へのいざない、人それぞれ

釣りへの誘いは人それぞれだと思う
たとえそれが毎日のように行くひとでも同じ

 見ず知らずの人の獲物の写真
 ブックマークに入ってるブログ記事
 自分の過去のブログ
 新しいタックルを手に入れたとき
 ただなんとなくだったり...
 ...
 ...

面白いブログを見つけました
pagosスタッフ釣行記
リンクを貼っているおうじろうさんも発見!
アジングの記事参考になりました

「えっ!知らなかったの?」とか言われそうだけど気になる記事を紹介します
エギのロングキャストチューン
ワームキーパー取り付け追加情報

上の記事にテンションアップさせられて
(って記事とは関係ないんですが)
加勢蛇川の様子と河口の海を見ると
ええ〜〜かんじやがな


ここちゅうところにルアーを投げて
「来るぞ、来るぞ」と待っておりましたが
ルアーに寄ってきたのは魚ではなく

...
...
...

サーファーのにいちゃん達でした


...
...

彼らもまた海に誘われて?

...
...

サーファーを釣っても
エラ洗いしそうもないので
あ〜〜撤収撤収